岡野浩人です。



先日『美容鍼』を受けてきたが、『美容鍼』を受けた目的の一つに『運転免許証の更新』があった。
免許証の更新というのは、優良(いわゆるゴールド)であれば5年に1度。つまり・・・5年間、おなじ免許証を使うということになる。運転免許証は、車の運転の際だけでなく、公的な身分証明をする際に、使用することも多い。

この免許証が公的な身分証明となるのには『顔写真』があることも大きい。しかしながらこの『顔写真』は、公安の親父が有無を言わせない一発撮りで実施することから、クソ写真に仕上がることもしばしばある。ということで、公安の親父の采配で撮るレンズに、一発でキメて、映る必要がある 「免許証を更新する前に美容鍼をやった方がいい3つの理由をお伝えしたい。




1.免許更新日を意識して準備するようになる。


今回、美容鍼を受けて3日後に免許の更新を行なった。この「顔写真付きの運転免許証」をこのあと5年間使うのだ。今後5年間を決めるといっても過言ではない。決めなければならない。キメるしかないのだ。思い返せば、5年前…前日3時まで飲み、会場に着くまでこの1発撮りの勝負を全く意識していなかった。この運転免許証を5年間使い続けた。今回は同じ失敗をする訳にはいかない。1瞬の勝負が5年間を左右する。この1瞬の為にやれることはやっておきたい。美容鍼の予約を入れた段階で、この一瞬を意識できている。勝負を意識できている。この時点で、いままでの俺(運転免許証のクソ顔)との間に歴然の差が出ていることは間違いない。



▼この日の為にビリビリ美容鍼を受けた!


2.謎の自信で撮影を迎えることが出来る。

5年に1度の勝負。撮影前に鏡はみなかった。それくらいに準備はできていた。撮影は案の定1瞬。しかも、新しい免許証が出来あがるまで、確認は出来ない。しかし私には謎の自信に満ち溢れていた。これは何と言ってよいかわからないが、自分の目の前の人の撮影が終わっても、慌てることなく、なんとも堂々と指定の椅子に腰かけ、そして「もう少し顎引けるかな」と言われるくらいの自信。こんなにも余裕をもって、自信をもって撮影したことなどあっただろうか。どんな仕上がりになろうが、過去最高の仕上がりであることを確信しながら、撮影後に例の講習を受けた。



3.提出を求められたときの自己肯定感


そして遂にきた。新しい免許証を受け取るその時が!!やはり、予想通り、過去最高の出来である。なんなら免許証を人に見せたいくらいである。昨日までは、あんなにも誰にも見せたくないくらいだった運転免許証を、今日は人に見せたくなっている。そして、身分証明を求められた際に、自信たっぷりのドヤ顔で出すことが出来る。自分自身を証明する際に、自己肯定感があることは非常に重要だと思っているが、証明写真のクソ顔のせいで、自己否定感に苛まれながら提出していた過去を思い出す。だが、それも卒業である。5年間、自己肯定感を前面に出して、銀行の受付のお姉さんに引かれるくらいのドヤ顔で、提出することができる。


まとめ
自分が自分であることを誇ることが出来る。そして、そういう奴(免許証の写真)が最後に残るのである。
オレはオレ、と自信を持って言えるようになることはビジネスでもプライベートでも良い結果につながるのではないだろうか。とにかく、免許更新前の美容鍼はおススメである。美容鍼を受ける際には、必ず鍼灸師に「免許更新の写真を撮ること」を事前に申し出ておこう。できれば予約段階で相談してほしい。基本的に当日ではなく、数日前に受診して欲しい。その理由は、お問い合わせの鍼灸師が答えてくれるはずだ!!








▼メルマガ登録はこちら


▼LINEはこちらから    
友だち追加 

▼SNSのフォローをお願いします。
 
※無断シェア大歓迎です!
※無断リツイート推奨してます!    
▼記事の更新をLINEでお知らせします。
   



▼代表の岡野による訪問鍼灸についての説明会を実施しています。
27066900_1561191744001519_5908668222010702702_n