どうも、Mr.ハリックです。

ディスポ鍼も日々改善が繰り返されており、性能も上がってきている。各メーカーさんも、想いを込めてディスポ鍼を開発製造している。

その中に『いっしん』という、一際熱心にディスポ鍼をつくっているメーカーさんをご存知だろうか?今回はいっしんさんのスタンダードモデルともいうべき『Mstyle』をレポートしたい。


▼まず何と言ってもパッケージがかわいい





ディスポ鍼 I’SSHIN
Mstyle(エムスタイル)

金属鍼柄のステンレス製デイスポ鍼、スタンダードな鍼です。
ディスポ鍼I’SSHINの主軸と位置付けているメイン(Main)の商品がこのMstyle。
太い外径で安定感があり、細い内径でツボを捉えやすい、太丸鍼管が特徴です。

さまざまな臨床家に多く用いられているサイズを中心に揃えており、10本2鍼管の300本入り箱もご用意しております。
少しコシのあるステンレスなので従来より細めのサイズでも扱いやすくなっています。
(株式会社 いっしん ホームページ引用:http://isshin.asia/needle#m) 









いっしんさんの鍼はアメリカ製。施術の感想からいうと『コシがあるのに、柔らかい』という感じ。松葉型のディスポ鍼なので、斜刺がしやすい印象を受けた。そして何と言っても、雀啄がスムーズ!!

これは鍼を研磨する方向が、他社さんと違うから。スッと入って、的確に刺激ができ、そして操作時のストレスがない。実際にこの鍼を打たれるとわかるのだが、本当にスッと入ってくる。施術する側にも、施術を受ける側にも優しいディスポ鍼といえよう。

個人的には硬結部への刺鍼がしやすかった。というのも松葉型であることと、スムーズに刺鍼できることで、硬結部にスムーズに到達し、無理なく刺激することができる。患者様のお身体の反応も非常に良い印象を受けた。実際に患者様の感想も、同様に『スムーズな施術』という印象を受けた様だ。



▼アメリカ製のいっしんさんの鍼



こだわって製造されたいっしんさんのディスポ鍼を、是非一度試して見て欲しい!!

では!

to-needle





▼詳しくはこちらの動画を見て欲しい!!






▼いっしんさんのホームページはこちら
logo_isshin_top





▼メルマガ登録はこちら


▼LINEはこちらから    
友だち追加 

▼SNSのフォローをお願いします。
 

※無断シェア大歓迎です!
※無断リツイート推奨してます!    
▼記事の更新をLINEでお知らせします。
   



▼代表の岡野による訪問鍼灸についての説明会を実施しています。
27066900_1561191744001519_5908668222010702702_n