こんにちは。

鍼灸師ライターのゆーすけです。

先日の日曜日に鍼灸の未来を創るサミットに参加してきました!
サミットっていうと大げさなんですが。笑 



<鍼灸業界の未来を創る!>
19642458_1473588349427683_131281767703344843_n
 

 

 

しんきゅうコンパス
https://www.shinq-compass.jp/


という鍼灸院の食べログみたいな口コミサイト主催の講演会っていうんですかね。
時代の流れは鍼灸院を探すときまずコンパスからとなってきてます。

26993839_1473588346094350_4859784370980551041_n


 

◆サミットの詳細は以下のサイトから。

しんきゅうサミット
https://www.shinq-compass.jp/summit/


◆第一回ということで各方面から気合の入った講演者が集められました。
・臨床技術のパート→ 大浦慈観先生
・研究のパート→ 鳥海春樹先生
・教育のパート→ 船水隆広先生
・しんきゅうコンパスの話→ コンパス代表前田さん
・コンパスユーザー3人と共にトークセッション→金子先生、新屋先生、前田先生


◆講演の内容は後日動画配信されるということなのでそちらを見てください!
実技は見ないと分かりませんし、鳥海先生も船水先生もお話がとてもうまいので一回は見た方が良いと思います。
といっても、その動画が誰でも見れる状態になるとも限らないので要点だけに絞ってまとめときます。あと自分のメモからのテキトーな起こしなので参考程度にしてください。

 

◆大浦先生「腰痛に対する鍼灸治療~鍼一本で患者の身体と心を変える」
大浦先生は、横田観風先生に師事し、観風先生の作った「いやしの道協会」で顧問を務め、また江戸期の鍼灸術で有名な「杉山真伝流」研究の第一人者です。

「いやしの道協会」
http://iyashinomichikyokai.com/about.html


・腰痛のパターン認識を物、質、時、形別に考える方法を紹介した。
・腰痛の症例を紹介した後、実技を見せてくれました。
・鍼灸学校でもなんとか術というのをいくつも習ったと思いますが、その技を存分に披露してくれました。散鍼、引き鍼、じゃくたく術、こうしょ管術、熱行術など
・例えば、引き鍼は崑崙周辺に鍼をするだけで腰が緩むというものと、立位で後渓に鍼をしながら患者に10回前屈してもらうという運動鍼も組み合わせたもの。
・引き鍼は、避雷針のイメージで邪気を患部から末端へ引くって感じとのこと。
・押し手の重要性を特に言っておりました。周囲圧はしっかりと。
・1本の鍼でどんどん体を緩めていく技を大事にしているとのこと。


大浦慈観先生
26906930_1473588359427682_7658182746028059500_n


 

◆鳥海先生「鍼灸院は宝の山~鍼灸臨床は学際的研究のネタの宝庫」
慶応大学神経内科頭痛外来で鍼外来をスタートさせた立役者。鍼灸臨床歴20年、研究者歴15年という臨床と研究を両立させるスーパー鍼灸師。東京都鍼灸師会でも理事として活躍中。
・鍼灸師と言う資格とっても10年後に残っているのは5%ともいわれる。
・その中どのやったら鍼灸師を「業」として成り立たせるかが課題である。
・科学化とは?→汎用性を持たせるということ
・鍼灸のエビデンスは?
・エビデンスを説明する係(鍼灸学会、師会など)がほんとうはもっと頑張んないといけない。
・薬は難点多いので鍼の有用性は高い!九鍼十二原論にも書いてある。
・鍼灸を説明するベース不足な状況。
・体表面のコリが悪影響しているのだ。
・マックバーネー点など内臓体表反射は現代医学でも診断にも応用されるが、体表からの刺激がどのように内臓に効くのかはそんなにわかっていない。
・簡単にいえば伝統的物療は、ハリなどで体表の状態を変えてるだけ。
・しかしコリがどれだけ体に悪いのかはエビデンスない。
・医者や国はエビデンス少ないって言ってないで、だったら助けてよって話。
・中国もそうだけど、今の鍼灸研究は経穴に重きを置き過ぎている。経穴群と非経穴群の群間比較で研究しても、実際の臨床とは異なる。
・マウスの足の三里(前脛骨筋)はめちゃでかくて、しかもそこに電柱をドーンと刺しているのが、マウスでの鍼研究。(電柱の話で会場一番盛り上がる)
・経穴は人によって場所が違う。
・活きたツボ(コリ)を探して微細な刺激で変化させるのが実際。
・コリが微細な刺激で変化するのを再現性取れればそれがエビデンス。

・あと講演の途中、船水先生に何度も話を振っていました。笑

▼鳥海春樹先生
26991833_1473588352761016_9090438674325328054_n


 

◆船水先生「鍼灸学生が集まる鍼灸院とは?~現代の学生の意識を知る」
呉竹学園の教員でありながら世界を飛び回りセミナーをこなすさわやか先生。
・鍼灸学生の現状をアンケート結果をもとにお話し(アンケートのソースを失念)
・鍼あ科は男女比は半々くらい
・鍼専科は男比多かったのが、この10年で男女比半々に近づいてきている
・高校新卒が増えてきている。鍼あ科は全体の半数以下が20歳以下、鍼科は70%
・20歳以下の割合増加。
・高校新卒の女性増加。
・全体の半分は社会人経験ない。
・社会人経験5年以上35%以上、3年以内が17%以上
・志望動機はスポトレ増加、女子は美容多い。
・就職は訪問マッサージ行く人多い
・若い世代は開業に興味を惹かれていないことある。
・学校よりバイトを優先する性質を利用して、早くに就職先内定していると国試を頑張れる。就職先に迷惑を掛けないようにと思って。
・若い学生の希望する就職先は、雇用条件より、術式がまなべ、やりがいがあり、院長のビジョンがあることを求める傾向。
・大人の学生はさらに、雇用条件や将来の開業に参考になるかを気にする。
・職業別採用難易度のランキングには鍼灸師とかマッサージ師入っている。(40倍とか)
・治療院も人材を求めている現状。
・学校と臨床家がもっと手を結ぶ必要がある。
・男子学生は就職しても6月で辞めてしまうこともある。
・自分で考え動く、想像する、創造する。それができる学生を育てる様にしている。
・白いゴキブリと言われないようにするため。
・新カリキュラムになるが臨床実習を治療院で行うこと多くなってくるので協力お願いします。

・ちなみに鳥海先生より船水先生の方が年上らしいです。なんと。


▼船水隆広先生
26992327_1473588399427678_5658909349494773869_n

 

◆「しんきゅうコンパスが目指す鍼灸業界の未来~みなさんと考えるこれから~」
まず前半は前田さんからしんきゅうコンパスの歴史からどのように運営をしているかを説明してくれました。
・カリスタという美容鍼灸院がスタート。それが8年前。
・5年前からしんきゅうコンパス開始。
・しんきゅうコンパス120万PV超
・全掲載院→29532院
・しんきゅうコンパスはカリスタの院長の話や患者さんの、鍼灸ではコリだけでなく気分もよくなった。考え方が前向きになった。苦手な人とも触れ合えるようになった。などの声から心までアプローチできる素晴らしい鍼灸を広めないとと思ったことがはじまりとのこと。
・最初の開発費65万円からのスタート。
・なぜ口コミサイトなのか→新患は口コミ多いから。
・2012年知恵袋で怪しいのではと書かれる事件ありつつのりこえる。
・一般人の反応を「しんきゅう?ああはりきゅうか」から「鍼灸!受けたい!!」に変えたい。
・受療率を5%から10%へ。市場規模も3000億から7000億へ。
・市場拡大戦略→医療連携、セグメント分野の拡大、ネット情報発信
・学生募集企画やったり、しんきゅう予約機能をもっと充実へ。


▼しんきゅうコンパス代表前田さん
26992648_1473588412761010_7597379091166933129_n



そして後半は三人のコンパスユーザーから色々集客の実体験など聞く時間でした。その中で印象的だったコメントを抜粋。
・治療院のHPは意外と院長のあいさつページが見られている。
・どんな治療をしているかより、施術者の人間性の方が患者さんは興味あるのかも。
・SNSをつかって普段の様子も出していくとよいのかも。
・顧問ドクターを作る重要性。
・ドクターと繋がり作るには、こっちから医学会に参加していき鍼灸をアピールするのも大事。
・受療率5%と言うが実情に合っているのか。シンツバ先生のところのカルテの枚数はこもの市の人口のもう5%超えている。他の鍼灸院もあること考えるとかなりである。
・先日マツコ会議で美容鍼が取り上げられ反響のあった治療院もあったと聞くが、それは地方だけかも。都会だとマツコ会議ででた治療院に直接アクセスできるから。
・予約管理や売り上げ計算は紙だったりエクセルだったり、ほかのサービスだったり様々のよう。
・「しんきゅう予約」でも売り上げ計算や患者管理もできる。


▼金子先生、新屋先生、前田先生
26993411_1473588419427676_6117117970442980801_n


 

◆最後に
しんきゅうサミットのコンセプトは「つなぐ」でした。
この分断された鍼灸界をどこまでつなぐことが出来るのか。
インターネットやSNSが発達してきた現代なら可能なのではないでしょうか。
これから楽しみです。

 

ちなみに個人的には今回のしんきゅうサミットで、地元木更津の鍼灸師の2人の先生と繋がることが出来ました。今回サミットを企画して頂いた前田さんをはじめとした鍼灸コンパスさんには感謝です。ありがとうございました。

 







▼代表の岡野による訪問鍼灸についての説明会を実施しています。
27066900_1561191744001519_5908668222010702702_n


【説明会についてはこちら】



▼LINEはこちらから    
友だち追加 

▼SNSのフォローをお願いします。
 

※無断シェア大歓迎です!
※無断リツイート推奨してます!    
▼記事の更新をLINEでお知らせします。
   


▼メルマガ登録はこちら