どうも、Mr.ハリックです。



みなさん、革命のファンファーレ という本をご存知でしょうか?

▼これです。



書店で目にした方もいらっしゃると思います。

この革命のファンファーレ。


超絶ヒット絵本『えんとつ町のプペル』の作成手法やマーケティング、またクラウドファンディングなどの他、お金についての考え方や、彼の考え方などが記されている。※冒頭40ページは無料公開されているので是非チェックして欲しい!


にしの あきひろ
幻冬舎
2016-10-21



鍼灸とは一見無縁・・・そして業界内にはちょっと馴染まないのかも、お考えの先生もいるだろうが、そんなことはない!この中には、今後の鍼灸師に必要な内容が多く含まれている。

鍼灸施術を行い、その対価をいただく。当然ながら私たちの業界はこれがスタンダードだ。まあそれ以外何があるんだ、とも言えるかもしれないが、例えば値段にしても、施術頻度にしても、うまくいっている先生とそうでない先生は何が違うのか。あとは患者様との関係性の作り方など、ちょっと応用すると、業界内のことに置き換えても、ふむふむなるほどなとなる。

例えば、絵本を「分業」して作ることについての意見があるが、もしかしたら鍼灸師だって『お金』という点をクリアできれば、治療も分業して行える可能性がある。治療院の形や、鍼灸師の働き方だって『鍼灸治療』に捉われなくて良いかもしれない。それが、現代社会や患者様が『鍼灸師』に求めていることなら、尚更そういう考えや、行動が必要になってくる。全ては患者様のために。である。

そんな革命のファンファーレではあるのだが、この本を巡り、業界内でアクションを起こしている一人の人物がいる。その人をこう呼んでいる。『革命のファンファーレおじさん』通称『革ファンおじさん』である。



この革ファンおじさんだが、革命のファンファーレを多くの鍼灸校の学生さんに呼んでほしいと、クラウドファンディングにチャレンジ!

▼その時のことがコレ。CF成功。
西野亮廣氏「革命のファンファーレ」を鍼灸学校の学生に無料配布したい! - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

https://camp-fire.jp/projects/view/46348


このクラウドファンディングで、彼は70冊の革命のファンファーレを、鍼灸養成校に届け、寄付したのである。ここで終了のはずであった彼のプロジェクトは、さらに続きが生まれた。この動きに同調した各地の先生たちが、この革ファンおじさんを 嗾しかけ  応援して、さらなる目標が生まれた。

『革命のファンファーレを100冊配る。』

そう、革ファンおじさんは、この本を70冊配っただけでなく、あと30冊を鍼灸学生に届けようというのだ!そして現在その数は87冊になっている。もちろんだが、この30冊・・・全て自腹、というわけではない。今回のアクションを機に協力者がどんどん現れ、彼の元に『革命のファンファーレ』が集まっている。




まだまだ募集はしているようなので、興味がある方やご協力いただける方は、是非、革ファンおじさんにアプローチしてほしい。鍼灸学生さんで『革命のファンファーレ読んでみたい!』という人も、革ファンおじさんに『読んでみたいです』と気軽に声をかけてみてほしい。彼の行動が、周り巡って業界に反映され、そして患者様に届けられ、社会に還元していく絵が見えるのは私だけだろうか。

業界内でこうした動きがあることは非常に嬉しく思っている。どんどん便乗してほしい!私(Mr.ハリック)も、思いっきり乗っかっている一人でもある。革ファンおじさんが業界内だけでなく、業界外も巻き込んだ、台風のような存在になって欲しい!

では!















 





▼LINEはこちらから    
友だち追加 

▼SNSのフォローをお願いします。
 

※無断シェア大歓迎です!
※無断リツイート推奨してます!    

▼記事の更新をLINEでお知らせします。
   


▼メルマガ登録はこちら