「結婚相談所で出会った25人の怪物を紹介するぞ」というスレッドを見てから結婚相談所に、変な幻想を抱いている、マスターヘリックです、どうも。

第一回目の投稿が好評らしく読者の方からメールが届いているので、UPしていきたいと思います。
ペンネーム
「アシュラシンドロームのファン」さんから頂きました。
「ヘリックさん、こんにちは。  
第一回目の記事、とても面白く見させて頂き一気にファンになりました。


私は都内の学校に通う高校生なのですが

現在卒後の進路を鍼灸師にするか柔道整復師にするか迷っています。
もし、よろしければ最近のそういった

リラクゼーション業界の動向を教えて
頂けないでしょうか?」


っという感じでメール頂いたんですけど
まぁね、高校生だからね。
 
将来に関しての不安とか一杯あると思うけどね。
まぁ、俺から言わせて貰えば

アシュラシンドロームと俺のファン

っていうのが、1番の不安材料
だけどね。
次回予告 俺たちが売れたのは、全部お前たちのせいだ。
アシュラシンドローム
キューセッキンレコーズ
2017-05-03



 
まぁ、気を取り直して質問に答えようと思うんだけど・・・

まずね
リラクゼーションって書いてあるけど鍼灸も柔道整復師もリラクゼーションじゃないからね。両方とも医療行為だから、
まず、そこら辺から覚えておいてほしいのね。
 

 
っで次に鍼灸師柔道整復師なんだけど
まぁ、10年前なら柔道整復師って言いたい所だったんだけど、今は鍼灸師の方を薦めたいよね。
 
なんでかって言うと医療におけるリハビリの概念が変わって来たのね。
個人的な感覚だと慢性痛って言うと三カ月位からって思うんだけど、最近のリハビリは脳梗塞とかでも2日目からリハビリさせたりするの。


そうするともう2日目から急性期じゃなくて回復期になるって考えなんだけど、それに乗じて「捻挫は1日目以外回復期でしょ!急性の捻挫はあるけど、それ以外は回復期だから亜急性の捻挫なんかない!」って話になって来て「柔道整復師の適応は急性期のみ!だって昔からそうだったでしょ?」みたいな話になって来たんだよね。

まぁ元々柔道整復師会も保険の不正請求とかあったし、あとは、とにかく整形外科にまわしたいみたいなのもあるかもしれないね。
勝手な憶測だけど。

まぁ、そう言う感じでね
現段階だと鍼灸師の方を薦めるかな〜参考にしてもらえると嬉しいな。
 
まぁでも高校生だから、他の可能性もいっぱいあるし。

他の業界で見て来たものが逆に鍼灸で役に立つ事もあるから自分の可能性を信じて前に進んでいけば良いと思います。
 
つう感じで、参考になりましたでしょうか? 
まぁまぁ、Mr.ハリックみたいにガンガン記事は書けないけど今後も楽しみにしてもらえると嬉しいです。


そんじゃね!バイビー!



マスターへリックへの質問や相談はこちらから



《これからの業界を作っていく!》  
   
友だち追加         

    

鍼灸師のスキルアップを応援する
     image

  



▼訪問はりきゅう上達ラボは独立、開業を考えている鍼灸師さん、また開業している鍼灸師さんをサポートしています!詳しくはこちらをご覧下さい。
→→→独立・起業・開業支援|Produced by 訪問はりきゅう上達ラボ