こんにちは。受付嬢のちぃです(^_^)



  

受付から見た「鍼灸師」ってどうなの?
 

という質問を頂いたのでもの
すごく偏った受付目線で
鍼灸師がどう見えているのか考えてみました。



 
まず結論から言ってしまうと


・職人
 
・アピールが下手
 
・器用貧乏
 
 
 
どうですかね??
お心当たりありませんか?
 

 
順に補足すると、もちろん持っている技が職人
という事もあるんですが・・・

 
Mr.ハリックさんの【鍼灸師あるある】にある
「家族施術する機会は、皆さんが思ってるより少ない」
 
私の勤務先の先生のご家族もわざわざ院まで治療にいらっしゃいます。


 
単純に一緒に住んでるんだから家でしたらいいじゃん!と思うのですが

家ではしてくれないんだとか。

中途半端なことはしたくないという?職人気質が見え隠れ。
 
"きちんと集中して自分の納得いく施術をしたい"
という傾向を感じます。


 しかし


家族や身近な人に施術しないのは
絶好のアピールチャンスを
逃しているのでは?
 
と受付目線で思うのです(´・ω・`)
 
 
「鍼灸はやらず嫌いだ!」と思っているのですが
例えば文字で鍼灸院の案内を見て

「よし、調子が悪いから行ってみよう!\٩( 'ω' )و//」
とは残念ながらならないですよね(^_^;)


そんな時、効果を発揮するのが口コミ


家族や身近な人は絶好の宣伝ポイント!

 
なかなか鍼灸治療に踏み込めない患者さんも、たまたま待合で知り合いの方に
「私も鍼してもらってるの!すごく楽になるのよ~」と一言声をかけられると
今まで踏み切れなかった悩みはなんだったの?!というくらい
「じゃあやってみようかなぁ」と一歩踏み出してくれます。
 
 
かなり偏った目線の自覚があるので一緒に働く受付仲間にも聞いてみたのですが、
「患者さんに鍼灸を勧めていても自分は絶対にやらない」という受付さんも多いんだそう。
 
一緒に働いている仲間にも良さを伝えきれないΣ(ノд<)
 
 
このMr.ハリックさんが大活躍中の【訪問はりきゅう上達ラボ】

ネットを駆使して情報共有をして素晴らしい!
 
で・も・・
 
仲間向けサイトなので、実際先生方や鍼灸に興味のある方が対象。
 
(」°ロ°)」もったいない!!
もったいないよ〜!!ハリックさん!!
 
という事で、持ってる技もすごいのに
伝えきれないが故器用貧乏。

絶対もっと活躍できるのに!


▼って自分でも言ってんじゃん!!



 その素晴らしい腕もっとアピールしてほしい


今まで頂いた名刺のほとんどに"鍼灸師"って書いてあるので
患者さんは「はり師」と「きゅう師」2つも国家資格を持ってるなんて
気づいていません。
 
「医師」「看護師」と同じように「鍼灸師」という職業だと思っています。


先生方!ぜひその素晴らしい腕もっとアピールしてくださーい!
何様目線かは突っ込んではいけません。受付目線です( ˘ω˘ )


 
 
以上が私の勝手な分析です(笑)
 
そもそも私が勤めている院に鍼灸師は1人です。
となると当然私の鍼灸師像はこの先生に基づいています。
 
性格的なこともあるので一概にとは当然言いませんが、
あながち間違っていないのかも?と
ちょっと輪が広がった今も思うのですが皆さんいかがですか?

受付嬢のちぃでした(。・ω・)ノ゙


▼前回の記事も是非読んでくださいね(。・ω・)ノ゙


※私のスーファミGetの為にシェア&リツイートお願いします٩( 'ω' )و












▼代表の岡野による訪問鍼灸についての説明会を実施しています。
27066900_1561191744001519_5908668222010702702_n


【説明会についてはこちら】



▼LINEはこちらから    
友だち追加 

▼SNSのフォローをお願いします。
 

※無断シェア大歓迎です!
※無断リツイート推奨してます!    
▼記事の更新をLINEでお知らせします。
   


▼メルマガ登録はこちら