どうも、Mr.ハリックです。


dfd9eb1c0350dbabfdf878f47de51534_s




「 7月13日に平成28年度衛生行政報告例(就業医療関係者)の概要」が発表された。
聞きなれない先生も多いだろうが、各都道府県、指定政令都市及び中核市における衛生行政の実態を把握して、衛生行政運営の基礎資料を得ることを目的とした報告だ。なんのこっちゃ、ということだが、要するに、「就業医療関係者の数をまとめた」ものである(ざっくりすぎるが)。

詳しくはこちらをごらんください。http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/eisei/16/dl/gaikyo.pdf

fullsizeoutput_2b3c



この中には、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師も含まれている。


では私たちに関係する、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師の数値を見ていこう。

はり師
平成18年 81,361名 →  平成28年 116,007名

きゅう師
平成18年 79,932名 →  平成28年 114,048名

あん摩マッサージ指圧師
平成18年 101,039名 →  平成28年 116,280名


10年前と比べると、資格者は大幅に増加しているといって良いだろう。
※このデータから、  いわゆる「三療師」ではなく、はり師、きゅう師が増えていることがわかる。


では、施術所の数を見てみよう。


はり及びきゅうを行う施術所
平成18年 17,794名 →  平成28年 28,299名

あん摩、マッサージ及び指圧を行う施術所
平成18年 21,822名 →  平成28年 19,618名

あん摩、マッサージ及び指圧、はり及びきゅうを行う施術所
平成18年 34,517名 →  平成28年 37,780名


fullsizeoutput_2b39




さてこれをみてあなたはどういう感想を持つだろうか?


私(Mr.ハリック)は、統計をみて

お!これは、鍼灸師の時代来てるんじゃない!?

と思った。

もちろん、様々な側面からのご意見は承知だ。
だが、鍼灸師が増え、鍼灸を行う施術所の増え方をみるとわかる通り
〝鍼灸師の需要があり、そして活躍の場所が増えている〟
とみることもできないだろうか。



これは、国内においての統計だが
最近は、海外でご活躍されている鍼灸師も増加している。




そして、臨床家以外にも
鍼灸師の活躍の場所は広がっている。


これからの鍼灸師ひとりひとりのチャレンジで
チャンスはもっと広がってくるだろう。






資格者が増えているからこそ、切磋琢磨し
連携しながら、多くの意見交換を行い、今後も活動していきたい。

これからの鍼灸業界の盛り上がりに期待したい!

参照元 : 厚生労働相、facebook、IVVA、はりレボ、平川針灸院



▼代表の岡野による訪問鍼灸についての説明会を実施しています。
27066900_1561191744001519_5908668222010702702_n


【説明会についてはこちら】



▼LINEはこちらから    
友だち追加 

▼SNSのフォローをお願いします。
 

※無断シェア大歓迎です!
※無断リツイート推奨してます!    
▼記事の更新をLINEでお知らせします。
   


▼メルマガ登録はこちら