訪問はりきゅう上達ラボ、鍼灸師のオカノです。


image




こちらでご紹介した、「凹凸理論」ですが


手技療法でも、応用可能です。

鍼を打つポイントとしてあげた
皮膚上を触っていて、スッと吸い付いてくる様なところには
そのまま指を進めます。



逆に、指を跳ね返すようなところは
無理に押したりせず、指を置く程度が
広い面を使い、表面的なアプローチをします。





▼では、こちらも動画でどぞ。 




次回は、図解で説明したいと思います。





こちらも説明してほしいところところがあると思うので
コメント欄で質問して頂ければと思います。






▼代表の岡野による訪問鍼灸についての説明会を実施しています。
27066900_1561191744001519_5908668222010702702_n


【説明会についてはこちら】



▼LINEはこちらから    
友だち追加 

▼SNSのフォローをお願いします。
 

※無断シェア大歓迎です!
※無断リツイート推奨してます!    
▼記事の更新をLINEでお知らせします。
   


▼メルマガ登録はこちら