どうも、Mr.ハリックです。




訪問治療をされている先生も増えてきた昨今。求人をみると「※あん摩マッサージ指圧師必須」の文言にガックリした経験のある鍼灸師の先生もいらっしゃるのでは?

施術内容が「はり治療、お灸治療」か「マッサージ治療」かの違いでしょ?
くらいにしか業界的には認識されていないのが実情だが、実は保険の取り扱いや、対象疾患など、「はりきゅう」と「マッサージ」は、施術以外にも大きな違いがある。


今日はその辺りを確認していこう。
(施術の違いは割愛します...)



先ず、皆さんに押さえておいてほしいことが・・・


こちら!!


 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


▼厚生労働省が概要を表でまとめている。
fullsizeoutput_2ab9
引用参照:02-01 あ-2 あはき療養費の現状と課題 - 厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000118215.pdf


 

つまり・・・

「あん摩マッサージ指圧」は主として、筋麻痺や、関節拘縮に対して行うものに対して
医師の同意の上で施術を行なった場合に「療養費」の支給対象になる。
この場合の診断名、傷病名は特に関係ない。

保険医療の一環としの意味合いが強く、訪問でのマッサージ治療は
移動困難などの特別な理由から、往療での施術を認められている、といった形となっている。

ですので、整形外科を含む、医師による治療や処置を受けていても
施術を行うことができる。



では、「はりきゅう」はどうか。

上表の、はりきゅうの「対象疾患」を見てもらうと
慢性病で、医師による適当な手段のないもの、とされている

リウマチや神経痛、また頸腕症候群、五十肩、腰痛症、頚椎捻挫後遺症など
が、はりきゅう施術の効果が期待できる対象疾患になるとの見解が示されている。

この「医師による適当な手段がない」ということから

・同病名で他の医療機関との併用は認められない

という点に注意しなくてはならない。

つまり「それは医師による治療手段があって、現に医師が治療しているんだよね?」ということになると、健康保険(療養費)の対象ではなくなるということで、不支給となる。

ここで、さらに注意したいのが
「医療機関での投薬期間も含まれる」
「同部位、同症候に、マッサージと変形徒手矯正術との併用は認められない」という点


つまり、患者様の、はりきゅうの同意を受けている部位に対して
医師の治療(痛み止めや湿布も含まれる!)や、マッサージ師の治療が行われて入れば
それは、いくら同意書があったとしても、不支給となる。
(ここが、鍼灸師が療養費を取り扱う上で、非常に注意しなくてはいけないポイント!!)


しかしながら、この日本の医療システムにおいて
「医師による適当な手段がないもの」に対して、はりきゅう治療を認めているということは
はり師きゅう師、また鍼灸治療への期待の高さなのでだろうか!!



▼料金(施術費)も違うのでチェックしてほしい。

【引用参照】厚生労働省:はり師、きゅう師及びあん摩・マッサージ・指圧師の施術に係る療養費の支給について(平成28年9月23日 保発0923第2号保険局長通知)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken13/dl/160923-02.pdf

fullsizeoutput_2abc
fullsizeoutput_2abd

「マッサージ」は、どのに対して治療を行なったがが重要であり
「はりきゅう」は、何を使って治療をおこなったのかが重要であることがわかる。
また「はりきゅう」は「初検料」が算定できる点が大きな違いとなっている。


訪問はりきゅう、訪問鍼灸をはじめてみたい、と思った方は
👉 こちら をごらんください。



▼こちらも合わせてどうぞ。





▼代表の岡野による訪問鍼灸についての説明会を実施しています。
27066900_1561191744001519_5908668222010702702_n


【説明会についてはこちら】



▼LINEはこちらから    
友だち追加 

▼SNSのフォローをお願いします。
 

※無断シェア大歓迎です!
※無断リツイート推奨してます!    
▼記事の更新をLINEでお知らせします。
   


▼メルマガ登録はこちら